ブランド品の買取ならブランドイン!会員登録なしで、いつでも買取いたします。

コーチ(COACH)

COACH コーチ
コーチ(COACH)の服(古着)・時計・財布・バッグをどこよりも高価買取します。他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください
アパレルブランド高価買取サイト<ブランドイン>では、コーチ(COACH)を強化買取中です。コーチ(COACH)の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、ブランドインに買取させてください。ブランドインでは、あなたのコーチ(COACH)・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。ブランドインなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なコーチ(COACH)の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

コーチ(COACH)の買取事情

コーチ(COACH)の買取はバッグ財布など小物系はおおよそ2万円前後で買取されています。より高くコーチのブランドを買い取ってもらうために日頃の保存や、クリーニング、付属品を揃えておくなどがあげられます。もう使わなくなったと感じたら売りに出すことを考えブランドの買取を頭に入れておきましょう。

コーチ(COACH)の歴史

コーチ(COACH)のブランド誕生の歴史は1941年(昭和16年)アメリカのマンハッタン・ガーメント地区にあるアパートメントで始まります。その当初はゲイル・マニュファクチャリング・カンパニーという家族で営む小さな皮革製品の会社でした。創業当時は職人が6人というわずかな工房で始めの頃は男性向けの皮革小物を製作していました。その当時のコーチの職人たちはレザーをバッグで試みようと意気込みがありました。
後にハンドバッグ製造会社を所有し、皮革について熟知しているマイルス・カーンと妻のリリアンが事業に加わります。1946年頃のアメリカ・ニューヨークは女性のハンドバッグの事業が盛んになっており、その多くはヨーロッパの模造品によるものでした。妻のリリアンの提案で女性向けのバッグを発表し、手頃の価格の牛革バッグはヒットとなります。1960年代に入ると現在の流れの様な、若者文化や多種多様な流行が急ピッチで進みその中、ブランド名をコーチと命名します。コーチブランド初となるバッグを発表しました。優れた職人技術によるコーチの製品は次第に高く評価されていきます。

コーチ(COACH)の特徴

コーチ(COACH)ブランドの特徴は社名の頭文字にあたるCの文字が入ったモノグラム柄のハンドバッグや財布、パスケースなどの小物系を始め、レディース、メンズによるそれぞれのラインナップのシグネチャー柄、オプアートもコーチを代表するデザインです。コーチの社名は乗り物を意味しており、馬車の代名詞となるハンガリーにあるコーチ(Kocs)という都市名から由来します。コーチのデザイン展開は他に女性に人気のもカラフルで遊び心溢れるポピー(POPPY)シリーズ、高級感のある落ち着いたデザインと素材が特徴のマディソン(MADISON)やトートバッグのシリーズタクシー(TAXI)は使い勝手の良さで支持されています。また、皮革製品で始まったコーチブランドも現在では時計などのラグジュアリーシリーズに至るまで展開の幅も広くなっています。