ブランド品の買取ならブランドイン!会員登録なしで、いつでも買取いたします。

フェンディ(FENDI)

FENDI フェンディ
フェンディ(FENDI)の服(古着)・時計・財布・バッグをどこよりも高価買取します。他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください
アパレルブランド高価買取サイト<ブランドイン>では、フェンディ(FENDI)を強化買取中です。フェンディ(FENDI)の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、ブランドインに買取させてください。ブランドインでは、あなたのフェンディ(FENDI)・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。ブランドインなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なフェンディ(FENDI)の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

フェンディ(FENDI)の買取事情

フェンディ(FENDI)の人気シリーズバッグの最新モデルが高値で買い取られていますが、「ズッカ柄」や「ペカン柄」などもヴィンテージアイテムとして注目されています。レザーで2WAYバッグとして使える「バイザウェイ」、「トロワジュール」、「ピーカブー」などのアイコンバッグが人気です。

フェンディ(FENDI)の歴史

フェンディ(FENDI)は、1925年にエドアルド・フェンディ、アデーレ・フェンディ夫妻により毛皮工房としてローマで創業された、イタリアを代表する世界的ファッションブランドです。64年には、フェンディ家の5人の娘パオラ、アンナ、フランカ、カーラ、アルダも店の運営に関わり始め、ブランドの成長に貢献。 65年には、当時はまだそれほど有名ではなかった、カール・ラガーフェルドが主任デザイナーになります。これまでクラシカルな毛皮のイメージが強かったフェンディを、彼の個性的なデザインと大胆なステッチ使いやエナメル加工、織り込みなどでフェンディはさらに進化しました。69年に、毛皮のプレタポルテを発表し、カールはこれまでコートやバッグの裏地に使われていた「ダブルF」柄を表地のデザインに使い、「ダブルFのズッカ柄」が誕生。70年代には毛皮、革製品以外のアイテムをスタートし、85年にはフェンディ初の香水の販売を開始。87年には毛皮とスポーツウェアのライン「フェンディッシメ」を発表します。 89年にはメンズ香水の「フェンディ・ウオモ」をきっかけに、メンズファッション「フェンディ・ウオモ コレクション」をスタート。 97年には、シルヴィア・べントゥリーニ・フェンディがデザインしたバゲットパンの形をしたバッグ「バゲット」が発売され、ロングセラーとなりました。99年には、LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)とプラダ・グループによって買収され、2001年にはプラダ所有の全株式をLVMHが取得します。LVMHの最大なネットワークの影響で、フェンディは現在世界で80店舗以上存在します。

フェンディ(FENDI)の特徴

最高のクリエイティビティとクラフトマンシップの融合がフェンディ(FENDI)です。やはり、フェンディの代表的なアイテムはゴージャスなファー。レディス、メンズのアパレル、バッグ、靴、香水などと幅広いラインアップを持つフェンディは、セレブで高級感にあふれるブランドです。オーダーメイドのバッグを作れるサービス「メイド・トゥ・オーダー」もあり、バッグの型、素材、カラー、ステッチの色、メタルパーツや好きな文字を入れて、自分好みにアレンジすることができます。