ブランド品の買取ならブランドイン!会員登録なしで、いつでも買取いたします。

リーバイス(Levi’s)

Levi's リーバイス
リーバイス(Levi’s)の服(古着)・時計・財布・バッグをどこよりも高価買取します。他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください
アパレルブランド高価買取サイト<ブランドイン>では、リーバイス(Levi’s)を強化買取中です。リーバイス(Levi’s)の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、ブランドインに買取させてください。ブランドインでは、あなたのリーバイス(Levi’s)・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。ブランドインなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なリーバイス(Levi’s)の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

リーバイス(Levi’s)の買取事情

リーバイス(Levi's)の買取事情はやはりヴィンテージものになると高値で買い取ってくれます。特に希少価値の高いリーバイス501xxとビッグEは根強い人気があるため買い取り価格も良いでしょう。501xxでは約2万円~希少なものになると42万の買取額になります。

リーバイス(Levi’s)の歴史

リーバイス(Levi's)の創業者リーバイ・ストラウスは19世紀半ば頃、ゴールドラッシュに沸くアメリカにドイツの移民として移住しました。そこで彼は金鉱で働く人々の「丈夫なパンツがいる」という声に応じて、キャンパス地を使ったパンツを商品化します。パンツの耐久性を高める工夫を重ね、素材はデニム、色はインディゴ・ブルーとなりました。有能な仕立屋であるヤコブ・デイビスがポケット部分をリベットで補強するというアイデアを思いつきました。二人はリベットに関する特許を共同で取得し、ジーンズと名づけました。このジーンズはロットナンバー「501」が付けられ、ここにすべてのジーンズの原点である「501R」が誕生したのです。リーバイ・ストラウスの死後、20世紀に入るとマーロン・ブランドやジェームス・ディーンといったスターがジーンズを着用し、若者の間で大流行しました。リーバイ・ストラウス&カンパニーは世界規模のアパレル会社に成長します。リーバイス(Levi's)の歴史は「人々の声に耳を傾けた」ことに始まったと言えるでしょう。

リーバイス(Levi’s)の特徴

リーバイス(Levi's)の特徴は一言で表すと「シュリンク・トゥ・フィット」=使う人に合わせて縮む、ということです。履きこんでいくほど伸びて、洗うことでまた縮むという伸縮性によって履く人に合わせた自分のジーンズになっていきます。さらに、色落ちを楽しむことに醍醐味があります。履く人と共に変化していき、愛着が湧いてくるのがリーバイス(Levi's)ブランドです。リーバイスの定番は501で完成されたストレートスタイルです。501に次いで人気なのが、細身のタイトフィットストレートの506や502です。ヴィンテージものになるとさらに価値が高くなります。高いものだと100万近い値段で販売されるものもあります。一般に1960年以前のジーンズ、もしくは1980年半ばまでの古い織機で織られたデニム生地のジーンズがヴィンテージと呼ばれます。