ブランド品の買取ならブランドイン!会員登録なしで、いつでも買取いたします。

ロレックス(ROLEX)

ROLEX ロレックス
ロレックス(ROLEX)の服(古着)・時計・財布・バッグをどこよりも高価買取します。他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください
アパレルブランド高価買取サイト<ブランドイン>では、ロレックス(ROLEX)を強化買取中です。ロレックス(ROLEX)の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、ブランドインに買取させてください。ブランドインでは、あなたのロレックス(ROLEX)・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。ブランドインなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なロレックス(ROLEX)の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

ロレックス(ROLEX)の買取事情

ロレックス(ROLEX)は、資産価値、換金率、投資価値が高いです。古いモデルもヴィンテージ品として高値が付くものもあります。1965年-1975年に発売された「赤サブ」は当時30万円したのが、今では約120万円の値が付くこともあります。1975年に発売された「デイトナ・ポールニューマン」も当時27万円に対し、今では1,000万円以上もします。また、「ドレスモデル」より「スポーツモデル」のロッレクスの方が高値が付きます。その中でも「エクスプローラー1」、「コスモグラフデイトナ」、「サブマリーナー」や、「GMTマスター」は人気があります。ドレスモードは素材の価値に左右されるモデルが多いです。その中でも「デイトジャスト」が定番モデル。多くの場合、中身を空ければ一目でコピー品かどうかを見分けられるので、保証書がなくても大丈夫なことが多いです。また、ロッレクスはレアなものであれば、パーツだけでも数万円から数十万円の値段がつくこともあります。

ロレックス(ROLEX)の歴史

ロレックス(ROLEX)は1905年,ドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンに時計会社「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立したことが始まりです。1907年には、スイスのラ・ショー・ド・フォンに移転。1908年には、「どの国の言葉でも発音しやすいように」と考え、自社ブランド「ロレックス」が誕生。1910年には、腕時計として世界で初めてスイス時計製造協会のクロノメーター認定を受け取りました。1926年に、初めて完全防水ケースの時計「オイスター」を発表。27年に、コラボ企画で、ロンドンの速記者メルセデス・グライツがロレックス「オイスタークッション」をはめてドーバー海峡を遠泳したことから、ロレックスの知名度が上がっていきました。31年に、ローターが360度回転する自動巻き機構「パーペツアル」、45年に世界初の窓表示カレンダー機構を搭載した「デイジャスト」を発表。53年、イギリスのエドモンド・ヒラリーのエベレスト初登頂時にロレックスのオイスター・パーペチュアルを用いられたとされています。55年には、日本ロレックスが設立。83年に、短針を単独で動かせる「GMTマスターII」、88年に、自動巻きの「デイトナ」、92年にサブマリーナの豪華バージョンとして「ヨットマスター」を発表。2000年には、自社ムーブ搭載新「デイトナ」を大幅リニューアル。2003年に、「サブマリーナ」の誕生50周年を記念してロレックスのブランドカラーをベースにした、新バージョン「グリーンサブ」を発表。2004年に、「デイトジャスト・ターノグラフ」の新バージョンが登場。2005年は、ロレックスの創業100周年に「ロレックスプリンス」が発表されました。財団法人で、工場の内部も事実上非公開となっているロレックスは謎に包まれながら現在も、男性にも女性にも人気があり、多くのセレブたちにも愛用され、世界中の人たちを魅了し続けています。

ロレックス(ROLEX)の特徴

ロレックス(ROLEX)の腕時計は、時計盤は正円のものがほとんどで、ブランドマークが入っています。ブランドロゴは王冠マークです。金、銀、白、黒色が多く使われており、緑、青、桃色なども使われています。自動巻きの機械式がほとんどです。デザインが優れているベルトは金属が多くみられます。ロレックスの3大発明は「オイスターケース」、「バーベチュアル」、「デイトジヤスト」です。また、モデルや価格が違っていても、ムーブメントの基本構造は同じです。ロッレクスの特徴は、防水性にすぐれた「オイスターケース」、開発から製造までを自社で手がける「自社製ムーブメント」と、通称ルーレット刻印の「模造品対策」です。