ブランド品の買取ならブランドイン!会員登録なしで、いつでも買取いたします。

セイコー(SEIKO)

SEIKO セイコー
セイコー(SEIKO)の服(古着)・時計・財布・バッグをどこよりも高価買取します。他社の査定が1円でも高かった場合はお申し付けください
アパレルブランド高価買取サイト<ブランドイン>では、セイコー(SEIKO)を強化買取中です。セイコー(SEIKO)の服(古着)・時計・財布・バッグなど、使わないでお家に眠っているものは、ブランドインに買取させてください。ブランドインでは、あなたのセイコー(SEIKO)・時計・財布・バッグをしっかり査定させていただきます。アパレルブランド10,000種類以上の買取実績だからできる高価買取を是非お試しください。ブランドインなら宅配キット送付から査定、不成約時の返送まで無料で行います。安心してあなたの大切なセイコー(SEIKO)の服(古着)・時計・財布・バッグを買取依頼してください。

セイコー(SEIKO)の買取事情

セイコー(SEIKO)の買取ですが、グランドセイコーは人気が高く高額で、海外でも需要が高くなっています。他にもプレミアムウォッチのクレドール、ガランテも高額買取対象になります。他にも手ごろな価格帯のものについては売買が活発ですので、新しいモデルで不要なものは早めに査定すると高額になりやすいです。

セイコー(SEIKO)の歴史

セイコー(SEIKO)は、日本初の腕時計、世界初のクォーツウォッチを製品化し、現在も時計関連の商品で有名な企業です。
そんなセイコー(SEIKO)の歴史ですが、1881年に服部時計店として創業しています。1892年に時計の工場である「精工舎」を設立し、国産時計の製造を始め、前述の服部時計店にて販売を行っています。1949年に東京証券取引所に上場しています。
創業以来、継続的にスポーツイベントに計時支援を行っています。1964年には東京オリンピックの公式時計を担当し、その後も数々のオリンピックの公式時計を担当しました。他にも後楽園球場や、東京ドーム、明治神宮野球場のタイマーも制作しています。
2007年に、社名を現在のセイコーホールディングス株式会社に変更し、各事業は事業子会社が行うように組織変更を行いました。

セイコー(SEIKO)の特徴

セイコー(SEIKO)のプレミアムウォッチ最高峰ブランドとしては、グランドセイコーが挙げられます。「正確さ」「美しさ」「見やすさ」そして「長く愛用でき」「使いやすいこと」を腕時計の本質として捉え、追求しています。この時代に流されることのないスタイルこそ、特徴です。
他にもプレミアムウォッチブランドは、「クレドール」と「ガランテ」が存在します。どちらもメンズ、レディースが存在します。
クレドールは、日本の美意識を凝縮させた時計デザインを目指しているのが特徴です。しかし、多くの人に受け入れられることを基本としています。葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフにしたものなどもあり、他のブランドでは見ることのできない日本の美を体現したモデルが数多く存在します。
ガランテは圧倒的な個性と存在感があり、他にはない個性的なデザインと美しさ、時計のファッションとしての存在感の強さを感じることができるモデルが数多く存在します。